会社概要

会社名
中外医薬生産株式会社
創業
大正8年10月
資本金
5,330万円
代表者
代表取締役会長 田山雅敏
代表取締役社長 田山林太郎
本社
〒518-0131
三重県伊賀市ゆめが丘七丁目5番地の5
TEL. 0595-21-0120(代)
FAX. 0595-21-0365
事業内容
医薬品・医薬部外品及び清涼飲料水等の製造販売
決算期
4月末日
従業員数
208名(男性122名、女性86名 平均年齢 38.3歳)
〔2024年5月末現在〕
主要取引先
  • 興和
  • /
  • アサヒグループ食品
  • /
  • アルビオン
  • /
  • 大木製薬
  • /
  • 小野薬品工業
  • /
  • クラシエ製薬
  • /
  • 小林製薬
  • /
  • 佐藤製薬
  • /
  • サンファーマ製造
  • /
  • 大幸薬品
  • /
  • 高田製薬
  • /
  • 武田テバファーマ
  • /
  • 長生堂製薬
  • /
  • 日医工
  • /
  • ニプロ
  • /
  • 日本ジェネリック
  • /
  • ビオフェルミン製薬
  • /
  • 樋屋製薬
  • /
  • 福地製薬
  • /
  • 富士薬品
  • /
  • 龍角散
  • /
  • ロート製薬
  • /
  • ヤクハン製薬
  • Amazon
  • /
  • 天野商事
  • /
  • イオングループ
  • /
  • カワチ薬品
  • /
  • キリン堂
  • /
  • ゲンキー
  • /
  • コスモス薬品
  • /
  • サンドラッグ
  • /
  • 中部薬品
  • /
  • マツモトキヨシ
主要取引銀行
  • 百五銀行(当社株主)
  • /
  • 北伊勢上野信用金庫(当社株主)
  • /
  • 滋賀銀行
  • /
  • 日本政策金融公庫
  • /
  • 京都銀行
  • /
  • 商工組合中央金庫
主要株主
  • 田山雅敏
  • /
  • 田山林太郎
  • /
  • 名古屋中小企業投資育成
  • /
  • 百五銀行
  • /
  • 北伊勢上野信用金庫
ゆめぽりす工場
三重県伊賀市ゆめが丘七丁目5番地の5
敷地面積 16,600㎡
延床面積 工場:10,690㎡ 事務棟:680㎡
みどりヶ丘工場
三重県伊賀市西明寺3160番地
敷地面積 18,231㎡
延床面積 みどりヶ丘工場:4,353㎡
     みどりヶ丘第二工場:7,384㎡
R&Dセンター
三重県伊賀市ゆめが丘七丁目5番地の5
延床面積 940㎡
動画リンク
会社紹介ムービー

沿革

享保年間
田山吉右衛門が薬舗を開業
大正8年
中外医薬株式会社設立
昭和19年
企業統制令による県下唯一の新薬製剤製造工場となる
昭和20年
中外医薬生産株式会社に商号変更
吸収工場分離、直販体制をとり、痔の薬ザッスル等ユニークな製品を中心に研究開発に着手
昭和51~57年
GMP準拠工場として錠剤・坐剤・軟膏・液剤・試験研究各工場完成
平成9年4月
「ゆめぽりす伊賀」上野新都市にて新本社及び新工場完成、全面移転
平成13年6月
第二工場として固形剤工場増設、竣工
平成15年6月
厚生労働省 三重労働局より「均等推進企業 三重労働局長優良賞」受賞
平成16年10月
三重県より「男女がいきいき働いている企業」として表彰
平成17年2月
ステロイド製剤設備分離のため坐剤、軟膏の製造場所を改修
平成24年3月
新研究開発棟(R&Dセンター)を増設、竣工
平成26年9月
経済産業省より「ものづくり補助事業」に認定
平成27年7月
三重県より「メイドイン三重ものづくり推進事業」に認定
平成28年5月
社会福祉法人維雅幸育会と「障がい者の雇用促進にかかる協定」締結
平成28年9月
第三工場として固形剤工場、坐剤・外用液工場を増設・竣工
平成29年2月
「女性活躍推進法に基づく一般事業主行動計画」策定
平成29年12月
経済産業省より「地域未来牽引企業」に認定
平成30年4月
三重県より「経営革新計画」に認定
平成30年5月
液剤工場として伊賀市西明寺に「みどりヶ丘工場」を竣工
令和元年10月
中小企業庁より「事業継続力強化計画」認定
令和2年10月
地域総合整備財団(ふるさと財団)より「ふるさと企業大賞 総務大臣賞」受賞
令和2年11月
三重県と「感染拡大防止に必要な消毒液等の優先供給に関する協定書」を締結
令和3年10月
厚生労働省 三重労働局より「令和3年度ベストプラクティス企業」に選定
令和5年3月
伊賀市西明寺(みどりヶ丘工場隣地)に「みどりヶ丘第二工場」を竣工
PAGE TOP