解熱鎮痛薬

スカッタリン

痛み・熱にすぐれた効き目をあらわすエテンザミド・アセトアミノフェンに、鎮痛効果を高めるアリルイソプロピルアセチル尿素と無水カフェインの4種類の成分を配合した非ピリン系解熱鎮痛薬です。

指定第2類医薬品
スカッタリン
包装
180錠
効能・効果
〇頭痛・月経痛(生理痛)・歯痛・肩こり痛・腰痛・関節痛・神経痛・筋肉痛・打撲痛・骨折痛・ねんざにともなう痛み(ねんざ痛)・抜歯後の疼痛・咽喉痛(のどの痛み)・耳痛・外傷痛の鎮痛
〇悪寒(発熱によるさむけ)・発熱時の解熱

用法・用量

成人(15歳以上)
1回3錠
11歳以上15歳未満
1回2錠
5歳以上11歳未満
1回1錠
5歳未満
服用しないこと

なるべく空腹時をさけて,水又はぬるま湯で服用してください。服用間隔は4時間以上おいてください。 1日服用回数は3回を限度としてください。

成分・分量(3錠中)

アセトアミノフェン
300mg
エテンザミド
200mg
アリルイソプロピルアセチル尿素
40mg
無水カフェイン
50mg
添加物
乳糖、ヒドロキシプロピルセルロース、カルメロースCa、セルロース、ステアリン酸Mg

スカッタリン 添付文書(283KB)

解熱鎮痛薬に関するよくある質問はこちら

PAGE TOP